米(水稲、稲作)

8月31日の記事。

一週間後くらいに結果をお知らせする旨。okome.jpg

その結果をお知らせします。

                                                   

  • くず米、未熟米が少ない
  • 倒伏する苗の率が低い
  • すべて一等米との評価であった



以上は北瀬農園さんが今年確認した「ノニ効果」です。

北瀬農園では収穫したものを自分のところで

もみを取り出荷しています。

うすすりをするときのくず米、未熟米が

1割~1割5分以上少ない。

普通、くず米は未成熟のため緑色なのですが、momitori.jpg

ノニジュースを使用した米は、

くず米自体も白くてきれいだったので

味もいいと確信していたといいます。

コシヒカリはわらの部分が長くて、

雨などで倒れやすいが(倒伏)

ノニジュースを使ったものは倒伏しにくかった。

ノニジュースを使用しないものは、

完全に倒れていたから一目瞭然。kansouki.jpg

そして、春先の冷害や刈り取る頃の連日の猛暑という

気候の変動にも負けずにすべて一等米だった。


育苗の段階からノニジュースを使ったものと使わないものに

はっきり区分けして結果を出していただき

私も正直なところホッとしたし、嬉しかったです。

北瀬さんは「ノニ効果」はあったと断言されました。

そして苗床に入れるだけなので、130Rの田んぼに

たった1リットルの半分の500㏄を使用するのみ。

農家の方々に朗報です。


☆詳しい資料とご購入方法についてはこちらをご覧ください。
 

明日から稲刈りという日に北瀬さんの田んぼにいます。

なぜなら今年の田にはノニジュースが使われているからです。

北瀬農園さんは去年から

米にもノニジュースを使ってみたいと

言っていました。

果樹や野菜で素晴らしい結果が出たからです。nonimai.jpg

そして今年の春、苗床でイネを育てるときに

育苗にもノニジュースを使用しました。

春先から今年の収穫が楽しみだと

言ってくれていたので

私もとても楽しみにしていました。

こちらがノニジュースを使った田で75アール。(写真上↑)



こちらがノニジュースを使用してない田40アール。(写真下↓)

どちらも銘柄は”夢みずほ”                    nonimaihi.jpg

見た目には穂の長さも実入りも

あまり差がないようにも感じます。

もみ殻を取ったときにくず米の量がどれだけか

いかに少ないかを

期待しているという北瀬さん。

その結果がわかるのは一週間後くらいだという。


私も楽しみにしていたのです。

皆さまにもまたお知らせいたします。





 



並んでいるのはハウスの中のメロンと
meronnae.jpg
すいかであります。

ハウスのすいかは7月の初めに収穫できるまで

ここで大きくなります。

苗を覆っているナイロンを気温によって

つけたり、はずしたり。

灌水チューブを這わして水を与えます。

1本の苗に何個の実をつけさせるかも考えます。

北瀬さんは、今実際にやっていることを

私にも一生懸命説明してくれます。

suikanae.jpg
ですからご苦労はわかるつもりです。

彼は他の田植えをする人の育苗も

するのです。

農協から仕入れた1センチくらいの

芽だしをした苗を苗床で1ヶ月かけて

5センチに育てるのです。

その間、毎日管理をしていく大変さ。

枯らしたら商品にならないので水遣りも

きちんとまんべん良く行き渡るように

1日に3回も見に行きます。suikahausu.jpg

ちょっとでも目を離したら大変なことになるからです。


すいかもメロンも梨も、米までも

そしてきゅうり、なす、トマト、レタス、

おくらに小松菜、長いもまでも

すべてにタヒチアンノニジュースを

使用しています。









 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち米(水稲、稲作)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは果物です。

次のカテゴリは野菜です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count