2010年5月13日。絶対に枯らすことはできない水の管理は1日3回。



並んでいるのはハウスの中のメロンと
meronnae.jpg
すいかであります。

ハウスのすいかは7月の初めに収穫できるまで

ここで大きくなります。

苗を覆っているナイロンを気温によって

つけたり、はずしたり。

灌水チューブを這わして水を与えます。

1本の苗に何個の実をつけさせるかも考えます。

北瀬さんは、今実際にやっていることを

私にも一生懸命説明してくれます。

suikanae.jpg
ですからご苦労はわかるつもりです。

彼は他の田植えをする人の育苗も

するのです。

農協から仕入れた1センチくらいの

芽だしをした苗を苗床で1ヶ月かけて

5センチに育てるのです。

その間、毎日管理をしていく大変さ。

枯らしたら商品にならないので水遣りも

きちんとまんべん良く行き渡るように

1日に3回も見に行きます。suikahausu.jpg

ちょっとでも目を離したら大変なことになるからです。


すいかもメロンも梨も、米までも

そしてきゅうり、なす、トマト、レタス、

おくらに小松菜、長いもまでも

すべてにタヒチアンノニジュースを

使用しています。









 

このブログ記事について

このページは、ノニジュースが2011年6月13日 22:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010年5月12日。タヒチアンノニジュースを農業に使う。」です。

次のブログ記事は「2010年7月31日。ノニジュース使用すいかの糖度も大きさも満足。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count