病気にも負けない抗菌力と抗毒力。<すいか栽培>

8月の初め北瀬農園にて。

お中元用のハウスのすいかも

路地もののすいかもすべて収穫が終了していました。

今年の出来ばえはいかがでしたか。
suika5.jpg
北瀬農園の場合は、

安心・安全なものをという思いで

<ノニジュースを農業に使う>

☆土作りから使う。

☆花が咲くまでに苗をしっかりと作る。

☆玉がつくまでにノニジュースを栄養剤としてたっぷり与える。

大きさと糖度と味を求めています。


今年のすいかは、夏の後半の日照りもよくて

玉も大きく、秀品率もよかったとのことです。

路地のすいかの場所も移動したので

連作障害もなく、病気にもならずに順調に生育しました。


「近年、こんなに高値の年はなかった!」

震災後の節電のため、クーラーよりもすいかだったし、

震災の影響で、品不足ということもあったのでしょう。

私たち消費者にとっては痛い高値ですが

苦労して育てた、わが子のような美味しいすいかが

高く売れたら、それは嬉しいにきまっています。


近くの畑のすいかは、病気で全滅だったらしい。

おそろしい話です。

どんな農薬よりも消毒よりも強い抗菌力と抗毒力。

ノニジュースを農業に使う理由です。





 

このブログ記事について

このページは、ノニジュースが2011年8月24日 22:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「土づくりからノニジュースを使用しています。<ぶどう栽培>」です。

次のブログ記事は「2011年8月10日。マスクメロンの出荷場の営農公社にて。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count